2010年01月19日

殺人事件が戦後最少=刑法犯7年連続減−警察庁(時事通信)

 昨年1年間に全国の警察が認知した刑法犯は前年比11万4801件(6.3%)減の170万3222件となり、7年連続で減少したことが14日、警察庁のまとめで分かった。コンビニ強盗は大幅に増えたが、殺人事件(未遂含む)が戦後最少になるなど、ほとんどの罪種は減少した。
 都道府県別でも山形、山梨、愛知、三重を除く43都道府県で減っており、同庁は「警察だけでなく政府全体が犯罪抑止に取り組み、防犯ボランティアも活発になった効果が出た」とみている。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
Tシャツとキーケースも発見=ATMの男、月内にも立件へ
「荻野さんを刺した」=ATM男、殺害認める
7カ月長男死なせる=病院行かずに「手かざし」
取り調べDVD、初の証拠採用=裁判員裁判で名古屋地裁

米国務長官が日本のエコカー補助に「排他的」 (産経新聞)
青木氏“ゾンビ出馬”…「古い自民」変わらず(スポーツ報知)
内部告発のオリンパス社員敗訴=配転命令違法と認めず−東京地裁(時事通信)
「出会いを大事に」震災で犠牲の神戸大生の母、小学生らに講演(産経新聞)
新型インフル 輸入ワクチンを承認 大量在庫の懸念も (産経新聞)
posted by ジャンルーイ at 20:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。