2010年01月14日

<桜井茶臼山古墳>発掘成果紹介の速報展始まる(毎日新聞)

 国内最多の銅鏡が確認された奈良県桜井市の桜井茶臼山古墳(3世紀末〜4世紀初め)の発掘成果を紹介する速報展「再発掘 桜井茶臼山古墳の成果」が13日、橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所付属博物館で始まった。三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)など銅鏡78枚の破片のほか、水銀朱で赤く染まった石室の石など18点が展示され、考古学ファンが熱心に見入っていた。

 卑弥呼(ひみこ)が中国・魏から鏡をもらったとされる「正始元年」(240年)の銘文の一部が入った銅鏡片も並べられた。神奈川県秦野市の主婦、吉川和子さん(62)は「鏡を卑弥呼が使ったかもしれないと思うとロマンを感じる」と興奮気味に話した。

 31日まで。月曜と19日は休館。入館料は大人400円、高校・大学生300円、小中学生200円。【高島博之】

【関連ニュース】
桜井茶臼山古墳:副葬銅鏡が81枚に 卑弥呼時代のものも
平城遷都1300年祭:開幕イベント 奈良県内4会場で
平城宮:ごみ焼却跡見つかる 「そのまま埋設」定説覆す
堂ノ後古墳:国内最古でなかった 築造時期が判明
高松塚古墳:発掘直後、36年前撮影のカラー8ミリ発見

しんたろうのブログ
てつやのブログ
パチンコ攻略
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 還元率
posted by ジャンルーイ at 11:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。