2010年05月29日

中山太郎元外相が自民に離党届 参院選出馬も視野(産経新聞)

 自民党の中山太郎元外相(85)=落選中=は25日午前、党本部で大島理森幹事長と会談し、離党届を提出した。中山氏は会談後、記者団に対し、離党の理由について「国政選挙の比例代表候補の公認に(党の内規で)70歳定年制を設けるべきではない」と説明。今夏の参院選への対応は「これから(支持者と)相談する。介護の苦しみなどを政治を通じて多くの人に説明したい」と語り、出馬に意欲を示した。他党からの出馬に関しては「白紙だ」と述べるにとどめた。

【関連記事】
大阪18区、最高齢の中山太郎元外相の落選確実
中山太郎氏84歳の戦い 大阪18区
「良い雰囲気」民主幹部は衆院解散を歓迎 自民議員、表情険しく
福島氏への不信任案検討 自民・川崎氏
自民党立て直しへ政策集団 東北の落選議員4人が「志士の会」
虐待が子供に与える「傷」とは?

<若年認知症>全国組織が発足 家族会など23団体が参加(毎日新聞)
種牛の離島疎開始まる=口蹄疫リスクを回避―鹿児島(時事通信)
小沢氏、再び不起訴 検察と検審、分かれた証拠評価(産経新聞)
自ら磨いて感謝とコスト意識=日航社員、車いす清掃―羽田空港(時事通信)
織田作之助「二十歳」 京都・さくら井屋 画学生のデザイン絵封筒に(産経新聞)
posted by ジャンルーイ at 03:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。